昨日のシクロにおける反省点

 ドモドモ
 
 昨日のシクロクロスにおける反省点、「惰性を活かせ!」である。
 惰性を活かせないためせっかくのSpeedがゼロとなったしまったセクションが3箇所、上級ライダーはこの3箇所とも勢いが付いたままクリアしていたと思われる。
 
 1箇所はオフ・キャンバーターン:進入時のスピードが活かせず、そろそろとクリアして登りきった時にはスピード0に、orz

 もう一箇所は、2段連続の壁登り、最初は勢いで登れるが次に控える壁は落差約1m30cm位、ここはフロントタイヤが登りきったところでスピード0に、後輪をクリアさせるために「ヨッコイショ」と漕いでクリア、

 3箇所目は、階段横の登り、2箇所目でヨッコイショとしてからそれまでの落差を下り、ターンして登りに入るのだが私は、フロント32Tリア25Tの組み合わせでも登りきるのに「ウンコラショ」となってしまい、次のセクションにつながらない。息も上がる。
 
 こういったところでスピードがロスし、C-1の人にどんどん離されていった。
 これらのセクションの前に加速できる足がほしい。

↓↓↓背中押してください。お願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
トラックバックURL : http://pharaoh.exblog.jp/tb/4136915
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ちゃちゃき at 2006-09-11 22:20 x
あのねぇ、必要なのはパワーではなく「スキル」です。
ペダリングはもっと勉強してください。
長沼のコースならこれで解決出来るはずです。
Commented by kazz_hoso at 2006-09-11 22:57
アドバイスありがとうございます。
ギアを落としてスピードも落ちるようでは駄目!という事でしょうか。
くるくる回してもスピードが落ちないように、通勤してみます。(はきちがえてます?)
Commented by がすぱ・マツキヨ at 2006-09-12 20:28 x
僕はMTBなので参考になるかどうか。
まず一つ目ですが・・・場所がわかりませんでした。(笑)
二つ目、正直ここもビミョーでしたが3カ所目の説明であそこか〜とわかりました。 ですが2段でしたっけ? あそこはまずフロントを少し引いてフロントが上がりきってから体重を前に乗せちゃい、その後リヤを上げるといった感じ。
縁石を上ったりする要領ににてると思います。

次の階段横ですが、正直僕は勢い使ってます。 ただ、それで上までいけないので、ペダリング (一定のクランク回転数であってると思います)。 下げすぎるとトラクションかからないので難しっすよね〜。

というかシクロ車 乗ってから言えよう〜 って感じですが。(笑)
Commented by kazz_hoso at 2006-09-12 21:52
マツキヨさん>
アドバイスありがとうございます。
ちなみに一発目のセクションは、コース設定の時最後にテープを張り替えたスズメ蜂がいたところで、法面をなめるセクションです。

二段越えの二段目はそのように越えてるんですか、でもドロハンじゃやりにくい(私にとっては)走法です。
by kazz_hoso | 2006-09-11 20:59 | 参戦 | Trackback | Comments(4)

1964年製のエンジン。往復68kmをジテツウ。冬は気分しだい。


by kazz_hoso