<   2005年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧

特訓?

今日の帰り道、訳あって4.5kgの新米背負って来ました。
その重量からか、背中でふらふらしないので結構走りやすかったです。
今時期、前半汗かいて暑いくらいですが、後半は汗のせいで体かなり冷えます。

本日のMAX=35.0km/h、Ave=24.1km/h、Dis=64.7km、ODO=3,149km
[PR]
by kazz_hoso | 2005-10-31 21:53 | ジテツウ | Trackback | Comments(0)

雪虫

ドモドモ、雪虫多すぎです。
特に、ストラクチャーの多い地域、つまりは都会≒サッポロ、多すぎです。
サイクリングロードの後半は息も上がってますので口あいてます、雪虫がバンバン入ってきます、不快です。
山走ってないけど、以上にオフィス街雪虫多いように感じます。

本日のMAX=39.0km/h、Ave=24.9km/h、Dis=64.41km,ODO=3084.5kmでした。
[PR]
by kazz_hoso | 2005-10-28 23:58 | ジテツウ | Trackback | Comments(0)

衣替え、

本日より、グローブを自転車用ではなくダイソーの200円手袋に衣替えです。
トラウザースもチノパンにしましたが、足のつま先が冷たい。
後、1ヶ月ほどでジテツウも終了か?
汗対策は克服できませんでした。
やはり、片道32kmをMTBでってのは、難儀なのか?
荷物をしょわずに済めばいいのだが、弁当がとんでもないことになるし、フロントバッグは「これだっ」というのもないし。
冬の間の宿題だな。
[PR]
by kazz_hoso | 2005-10-28 12:07 | ジテツウ | Trackback | Comments(0)

シクロ#4!

今回のコースレイアウト、図面上で見ただけでも「長い」コースとわかる。

試走段階で、おなかいっぱい状態、今日は正直勝てる気がしない。

しかも、ピラミッド登る自信がない、今回はピラミッド対策として重量は重いがFUEL EX-7で参戦することを決めていた。

誤算、タイヤをMAD用にしていなかったこと、加えて実戦でミスコースと落車の連発で序盤パニクリでした。

シクロにはH/Tがbetterかな?って思っていましたが、ピラミッドの登りでは、重量の差よりも値段の差?というかFUELに軍配が上がりました。

私としては、競技でH/Tを山サイにフルサスと思ってたんですが、、、、ただ、最終戦の野幌は、Schwinnでと思ってます。

正直、TREKのBIKEに驚いております。重いけど走りは軽いです。

本舗さんナイスアシスト!
[PR]
by kazz_hoso | 2005-10-16 22:23 | 参戦 | Trackback | Comments(0)
ドモドモ、石狩4耐その2です。
①序盤のスピードに驚き!
 スターティンググリッドは、今回BIB#に関係なく、任意に並んでいたようで私は3~4列目くらいだったかなぁ、誰をペースメーカーにすればよいのかも分からず、スタート!
 「マジかよ」っていうくらい速いぞペースが!シクロ並みじゃねえか!こんなんで4時間持つのか?とブツブツ念仏を唱えながら1周回を終えた。
2周目の水溜りセクションで跳ね上げた泥の粒が見事にアイウェアの隙間から入り込み、効き目の右目を襲う。
 何度もぱちくりさせムリックリ涙を出し、何とか止まらずにすんだのであった。
②意外と登れるじゃん!
 体力のあるうちは直線でアウターを踏んでました。クランキングしながらの登りのセクションや段々畑のような登りセクションでは、フロントはセンターを使い、リアはローまで落とすことなく最後まで登れたことに驚き!(後半は、自分の前を行くライダーでインナーローでくるくる回してる人も多い中で)
 これは、BIKEに依存しているものと思われる。大枚はたいただけのことはあるか。
③止まりたくなかった。
 走り始めて2時間超えたあたりで、リヤメカに枝が食い込み、カラカラとスポークを爪弾いている。うるさい、気になるでも止まりたくない、止まったら絶対足攣ってしまう、、、、その状態で女性ライダーに追いつくと「なんか箏の音を聞いてるみたい」といわれ、止まって取り除くことにした。。。。。案の定処理を終え、BIKEにまたがろうとしたその時、予言は当たった。その後、1分ほど悶絶していた。過ぎ行くライダーに「大丈夫?」などと暖かい声をいただき「大丈夫っす」と応えながらも「畜生、こんなところで終わりたくねぇ」と心の中で叫んでいた。
④モチベーション
 前後するが、足を攣る前にモチベーションが下がってしまった。H/Nだろうか?20分おきに水分は取っていたつもりだが、、、そんな時、本部前に近づくと、自分のリクエストCDの中からSmoky By Charが流れてる!気分が高揚し足が回る回る!聞こえなくなるまで良い気分だったなぁ、、、
 しかし、足を攣ってからというもの多くのライダーに抜かれるし、小学生を抜くのもやっとといった状態にまで堕ちてしまった。
 「もう、やめて時間調整しようか」などとネガティブな思考回路が働く、、、しかし、何とかがんばる、また萎えるの繰り返しで終盤も終盤残り時間からして残り2~3周というところで、「ちゃちゃき」さんが拡声器で「ふぁらお団カッコイイ」の激を飛ばされ、これまた不思議と足が回り始めた。
 私は、自転車に興味を持ち始めて3年目になり、レースに参加するようになってから2年目それもシクロばかりでMTBレースは藤野のペンタスロンと今回の4耐だけである。知り合いも殆どいない中でのアノ拡声器での激、しかも緊張のイトが切れ掛かっている状況での激である、効かないわけが無い。感謝!
⑤ナサケナイ
 残り1周といった時間帯、芝のストレートでシクロでよく見かける「女王様」に「右行きます」といわれてしまった。(しょーっく!!)
「ウィース」と返すが、、、そのまま追いソロピットレーンでこちらが「右行きます」と女王様に声をかける、手元の時計では4時間まで十数秒、これでゴールだなと気を抜いた瞬間背後に殺気が!「女王様」のラストスパートであった。負けずに回転をあげようとしたが、時既に遅し。

最後に:
 ジテツウでかなり足が回るようになったが、XCや耐久にはもっと別なトレーニングが必要であると痛感した。(5月のペンタ含めて)
 来年も参加してみよう、ソロで、そしてエントリー数の半分以上のランクインを目標としよう。
[PR]
by kazz_hoso | 2005-10-11 22:21 | 参戦 | Trackback | Comments(0)

4時間、240分、14400秒

ドモドモ、

本日、初めて4時間耐久というものに参戦してきました。

目標は、4時間走りきること、30周走ることでした。

結果は、途中足が攣ったことと、エネルギー補給・ストレッチのためピットで休憩したので、走行時間は3時間57分、周回数は30周で、目標はクリアしたと思ってます。



しかし、不満は残りました。シクロで同じカテゴリーを戦っている先輩に完全にやられてしまいました。

2時間越えたあたりから足攣りのせいもあり、モチベーションが下がり、足が回らなくなり、3時間過ぎあたりで、前述の先輩に抜き去られ、追うことができませんでした。

5月のFu’sでもやられてるし、、、、



手のひら、二の腕、腰が痛くて痛くてたまりませんでした。これは、FUELのポジションだしが決まってないということでしょう、ハンドルバーの高さを見直す必要があると思いました。



本日の走行時間:3時間57分、走行距離72.6km、Ave=18.0km/h、順位26位/49人(ソロの部)



http://6109.teacup.com/marquist/bbs
[PR]
by kazz_hoso | 2005-10-09 22:21 | 参戦 | Trackback | Comments(0)

シクロのHPで

ドモドモ、シクロのHPで先日の第3戦の画像がUPされていた、私も紹介されていたが、、、腕が突っ張っていてかっこ悪い、、、、トホホ。





http://6109.teacup.com/marquist/bbs
[PR]
by kazz_hoso | 2005-10-09 22:19 | 参戦 | Trackback | Comments(0)

石狩4耐、、、、

ドモドモ、

未知なる世界4時間耐久が目前に迫っている。

経験者のHPを除き研究してみるが、皆さん、タイヤやBIKEも豊富で私と環境が違う、

違うけれど、私もタイヤはどれにしようかなぁ~ぐらいはある。(レベルは低いが)

4タイプのタイヤで迷ってます。

①元来BIKEについてきたボントレガー(ちょと太い)

②今春Fu’sのペンタ入賞でもらったわけの分からんタイヤ(重いけど、意外と走りやすくパンクにも強そう)

③ジテツウBIKEについてきたスペシャリズドのタイヤ(走りも軽そう、使ってないのでの耐久性もありそう)

④シクロで使ってるセンターリッジ(とにかく軽い、漕ぎも軽いでも、劣化は否めない)

どれが80点タイヤなのだろう?





本日のAVE=24.7km/h、MAX=38.5km/h、DIS=65.3km、ODO=2、348km



BBS:http://6109.teacup.com/marquist/bbs
[PR]
by kazz_hoso | 2005-10-05 22:19 | ジテツウ | Trackback | Comments(0)
先日のシクロの内容について。

07:25ころ、会場を下に見ながらゲートへ向かう、、、、、すでに、会場には複数のエントリー、自分の前を走る車5台くらい(今までは、この時間帯は、マーシャルの方と極少数のエントリー者ぐらいなのだが、、、ちょっと緊張感高まりました。)



07:35ころ、相方のBOXER E/Gがこれまたいつもより早く入場。



08:15受付開始~ゼッケン配布を手伝う。9割がたの受付終了した時点で、試走させてもらう。

今回のコースレイアウト、ミスコースしそうなポイントが2箇所あった、1週ごとにFUEL EX7とSchwinnで試す、一長一短ある。FUEL EX7は、スピードがSchwinnに比べ遅いが、体への負担が少なく、走りやすい。Schwinn(H/T)は、なんといってもスピードが出せる。

2週の試走とバラキエントリーの署名をした時点で、試走時間がなくなってしまった。

どっちで走るか決めかねている。



09:45~トロフィーバラキスタート、こいつはEX-7で出てみた、舗装路がメインのバラキでは、EX-7の加速性能では厳しい、、、シクロ本戦をSchwinnで出ることにきめた。



10:30~シクロ本戦のスタート、今回は今期初めての2レース形式。

第一レースは、C-M、C-L、C-Yの混走である。初めて見られる立場での本戦である。

今回は、’04チャンプのSさんがDNSであった(早く復調していただきたい)、その代わり、昨年もデットヒートしたT氏が参戦、気を抜けない。

上級者が見守ってくれてたと思う中、号砲と共に頭ひとつ出てしまった。

そのまま、TOPでクフ王のピラミッドへ、、、最初は登れるかTRYしてみた。なんとかフロントアップを抑え、リアのスリップにも耐え登頂!しかし、かなりの消耗度である。

下りへ突入するが、酸素が頭に回ってないのか禁断のフロントブレーキレバーを強めに握ってしまった。リアが浮いてる、、、やばいと思いレバーをはずした瞬間バランスを崩し、落車、そこを間髪いれずにT氏に抜かれる。

相変わらず、外れたビンディングがなかなかはまらない、あせらず、T氏のケツに追いつくことに専念する、そのためには、ピラミッドのぼりはあきらめ押しに徹する。



走行タイムから今回は5週と判断、しかし1週カウントミスで、ラスト1週と思っていたら、ラスト2週の声が、、、モチベーションが下がった、しかし、負けたくないという気持ちが勝り踏むことに徹する。前を走るT氏を抜く自身はあった、後はどこで抜くか考えていた矢先、T氏がMADにタイヤを取られ落車、自分も試走段階で思いっきり転んでいるポイントであったので注意しながらT氏を後に、、、、、後はT氏の追い上げに負けないこと、落車に注意しながらラスト1週に突入!

何とか、追い上げを振り切り、今期3勝目をゲット。



11:15~第2レースを堪能させてもらうことにさすが上級者、ピラミッド乗車でクリアする選手が多い、C-3の選手も乗車でクリアしていく(すごい)

今回は、メカトラが多発した壮絶なレースであった。



ガスパのTOP2の走りはそれぞれ走法が違うが、すごい、流石といわざるを得ない走りを見せていただいた。
[PR]
by kazz_hoso | 2005-10-04 22:15 | 参戦 | Trackback | Comments(0)

シクロ・クロス#3

本日、シクロ・クロス第3戦に参戦(なんちって)

勝つには勝ったのだが、他のカテゴリーでマウンテンを駆ってるライダーと比べると、ぜんぜんへなちょこです。

第4戦も似たようなコースレイアウトらしいので、次回はピラミッド登り挑戦してみようかと、、、、、押したほうが速いのだが。
[PR]
by kazz_hoso | 2005-10-02 22:14 | 参戦 | Trackback | Comments(0)

1964年製のエンジン。往復68kmをジテツウ。冬は気分しだい。


by kazz_hoso