人気ブログランキング |

正直「事故る」と思いました。

ドモドモ

普段、サイクリングロードでツウキンしていて思うことは、前を走る学生や一般の方が、背後から迫る私に気を使ってレーンチェンジする方が結構いる。

正直、レーンチェンジなどしないで欲しい、かえってリスク高まりますので。
こっちとしては抜けるところで抜きますから、、、、でも、譲る気持ちも分からなくもないんですけどね。

昨日、R276から千歳方面へ右折。
ガードレールで中央分離されてる区間で、背後から「プシュー」とでかい車がいることに気づき、前述の自分はどこへ(w 中央分離区間が過ぎたら譲ってやろうと、車道と路側帯の境界線をこえ幅50cm程度の狭い路側帯へレーンチェンジ、その脇を抜き去った車体は大型も大型、なまらでかいクローラークレーンを積んだトレーラーで、幅員いっぱいというか、はみ出てます。

私を抜き去る際、必要最低限のクリアランスをとって抜いて行ったので、「吸い込まれる」と思うくらいの距離。
もっと、余裕持って抜いてよ~と涙目。
私の逃げ道は残り20cm位でその先は草むら、下り基調の45km/hrで巡航してたので、草むらと路側帯の境界付近にラインが移行してしまった時は「あっ、事故る、体もチャリも結構な状態に、、、、、」と思いましたが、事なきを得ました。

やはり、譲ったりせず車道走ってるべきだと反省。
トラックバックURL : https://pharaoh.exblog.jp/tb/23706489
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kazz_hoso | 2015-09-24 11:51 | 雑感 | Trackback | Comments(0)

1964年製のエンジン。往復約68kmをジテツウ。冬は気分しだいで。


by kazz_hoso